ABOUT

NEO CINEMAP Fukuoka – Fukuoka Asian Film Market 2018


Dates

September 18th (Tue.), 19th(Wed.) / 2 days


Venue

Nishitestsu Inn Fukuoka, main conference rom (1-16-1 Tenjin, Chuo-ku, Fukuoka 810-0001)


ABOUT US

A Market Specially for Asian Films


After its pre-opening in 2014, our film market “NEO CINEMAP Fukuoka” officially launched in 2015 and is held for 2 days during Fukuoka International Film Festival. It is established as a platform for professionals in Asian film industry including directors, producers, sellers, buyers, co-producers, and so on.

Film Market/ Project Pitching/ Networking


NEO CINEMAP Fukuoka is not only a place for discussions and negotiations seeking overseas business opportunities for completed Asian films, we also provide opportunities for project pitching. Filmmakers can present their ongoing project ideas and plans to meet possible co-producers or supporters for further developing projects. A warm and friendly atmosphere that is unique to Fukuoka will encourage you to connect better.

Small Connects You Strong


If you only look at the number of attendees, we are a relatively small sized film market. But we go extra miles to grasp the trend and flow of Asian films and carefully select our exhibitors so our attendees get the best compatibility and make the most out of this opportunity. Often our staff actively introduce attendees, this meddling attitude might be one of the charms of Fukuoka.

A Hub between Japan and Asia


NEO CINEMAP Fukuoka has a double sided aim: for Asian films to find screening opportunities in Japan, and for Japanese films to find ways to develop their market overseas. Serving as a hub for film industry professionals from within and outside of Japan, we provide opportunities for people and ideas to gather and interact to help empowering more great films to come to life.

ネオシネマップ福岡 アジアンフィルムマーケット 2018


開催日

2018年9月18日(火)、19日(水)


会 場

西鉄イン福岡2F会議室(福岡市中央区天神1-16-1)


ネオシネマップ福岡とは?

日本で唯一「アジア映画」に特化したマーケット


映画祭期間中2日間に渡り開催しているフィルムマーケット『ネオシネマップ福岡 アジアンフィルムマーケット』は2015年にスタートしました(2014年にはプレ開催)。映画祭参加の監督やプロデューサー、セラー、バイヤー、共同制作者など、アジア映画を扱う映画人が集まるプラットフォームとなっています。

マーケット、プロジェクトピッチ、ネットワーキングの3本柱


すでに完成したアジア映画が日本や他国で流通するための商談、それだけでなく企画段階のものを制作者がプレゼンテーションし、共同制作者や協力者を募るプロジェクトピッチをおこなうことで、出会いの場、企画内容を深める場を提供。また福岡ならではのアットホームな雰囲気によりネットワーキングを促進します。

規模も参加者数もコンパクト、だからこそ実る成果


数だけを見ると、参加者数も会場のスケールもいたってコンパクト。しかし事務局がその時々のアジア映画の流通傾向や過去実績をリサーチし、出展者を選定しているので、高い親和性と確かな結果が見られています。スタッフも積極的に参加者同士を引き合わせていくというお節介は、ある意味福岡らしさなのかも。

日本とアジアの相互ハブに


ネオシネマップ福岡がめざすのは、アジア映画が日本で公開先を見つけること、または日本映画が海外で展開して行く道を探ること、その矢印はどちらか一方ではなく双方向。国内外の映画人たちが集うハブとなることで、人や作品が交わり良質な国内外の映画作品が世に出て行くための後押しをおこないます。